日本耳鼻咽喉科学会 宮城県地方部会【耳の日のご案内】

耳の日のご案内


講演会

◆花粉症はこわくない

花粉症はアレルギー性鼻炎の一つですが、最近患者さんがとても増えています。その診断や治療を含めたマネージメントは、近年の分子生物学的な手法、画像診断機器、内視鏡や画像支援機器の発展やアレルゲン免疫療法などの新しい診療技術の開発によって飛躍的に進歩しております。花粉症の予防と治療方法さえしっかりと知っていれば怖い病気ではありません。

東北医科薬科大学副病院長 耳鼻咽喉科教授 太田 伸男 先生

◆聴こえのしくみと手術治療

「音」は耳の穴(外耳道)を通って、鼓膜の奥の空間(中耳)を伝わり、さらにその奥にある聴こえのセンサー(内耳)へと伝達され「聴こえ」ます。空気の振動である「音」は中耳で効率よく伝送され、さらに内耳で電気信号に変換されて脳へと送られます。この伝達経路に何らかの病気が生じると人は「聞こえにくい(難聴)」と感じます。今回は特に中耳や内耳の疾患についてわかりやすく解説したいと思います。さらに、最新のよく見える内視鏡による手術や、人工聴覚器(人工内耳、人工中耳)を耳に埋め込む手術など、最先端の耳の手術治療についてもご紹介致します。

東北大学病院耳鼻咽喉科・頭頚部外科助教 山内 大輔 先生



ヴァーチャル講演会


市民医学講座がPCで聴ける!

市民医学講座のダイジェスト版を聞くことができます。是非ご利用下さい。


こちらをクリックして下さい!


講座を視聴するにはAdobe社 FlashPlayerが必要となります。



オンライン医療相談


今年度の耳の日オンライン医療相談はございませんのでご了承お願い致します。



人のご訪問
The Miyagi Branch of the Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan,Inc.All Rights Reserved.